中古ネットワーク機器延命

中古ネットワーク機器+延命

ネットワーク機器のMTBF (平均故障間隔) は長く、例えばCISCO社スイッチは20年を超えるMTBFとなっている機種が大半です。それにもかかわらず、メーカーEOSLにより多くの企業でネットワーク機器は6~7年でリプレースしているのが実情です。メーカーの高い保守費用と短期間での新機種へのリプレースが大きな費用負担となっています。安いリファービッシュ機を活用したいと考えても、EOSLが近いため短期間しか利用できず非経済的な選択になってしまいます。

■ ネットワーク機器に関する一般的な予算

ネットワークリプレース1

■ リファービッシュ機の活用と延命保守でコスト削減

そこで安いリファービッシュ機を活用しつつ、EOSL後の延命保守をご提供することで、ネットワークインフラに対する投資を最小限に抑えることができます。

ネットワークリプレース2

■ 延命保守ができるフィールドワンだからこそのご提案

ネットワーク機器はメーカでの公表MTBF値も20年を超えるものが多く、故障率は低いもの。にも拘わらずEOSLによりメーカー保守は切れてしまい、継続使用が困難になります。その結果ユーザは機器のリプレースを余儀なくされ、結果的にその導入や再設計は大きな出費となります。リファービッシュ機を効果的に使えば費用も抑えられますが、すぐにEOSLを迎えてしまいます。フィールドワンではEOSL以降の延命保守を行っています。